代表理事からのご挨拶

東京理科大学の委員会組織として発足した起業推進センターは、2018年4月に法人格を取得し、「一般社団法人東京起業推進センター(Tokyo Entrepreneurship & Innovation Center, 通称TEIC)」として活動しております。本法人は、MITが世界規模で実施しているREAP (Regional Entrepreneurship Acceleration Program)での学びをもとに、我が国の起業推進エコシステムの中核となるべく設置されたものです。これまでは、東京理科大学の学生ならびに教員に対する起業家教育や起業支援を中心に活動してまいりましたが、起業家を輩出する環境を作るには、大学、リスクキャピタル、起業家、企業、政府関係者の5つのステークホルダーが自由に連携・協力できるオープンな環境も重要となります。そこで、学内組織であったセンターを一般社団法人化し、その活動の幅を広げることといたしました。今後も、起業家教育やステークホルダー間の関係性構築に努め、起業家育成、そしてイノベーションの創出に邁進してまいる所存です。

2020年6月吉日

一般社団法人 東京起業推進センター(TEIC)
代表理事 古賀義人