【参加学生募集】宇宙×ビジネス ハッカソン ~宇宙探査技術で地上を救うビジネスアイデア!~

ハッカソンとは?

ハッカソンとは「ハック」と「マラソン」を組み合わせたソフトウェア業界発祥の造語で、決められた時間内にテーマに沿った企画や開発を行うイベントのことです。最近はソフトウェアに限らず、ハードウェア、ビジネス、デザインなどの様々な種類のハッカソンが企画されており、企業のインターンシップなどで導入されることも増えています。
東京理科大学が開催するハッカソンでは、企業の方とのコミュニケーションとプロダクト制作体験を通じ、大学での学びを活かしたイノベーション人材の育成、企業の方とのネットワーク構築等を目的としています。

「宇宙」×「ビジネス」ハッカソンについて

 「宇宙探査」の実現には、「直接触れられない未知のものを知るための技術」・「限られた情報から世界をイメージする創造力」・「得られたことをわかりやすく発信する表現力」など様々な力が必要です。
 本イベントでは様々な分野の学生がチームを組んで協力し、遠隔探査ロボットを通して宇宙探査を体験して学びながら、その技術や知見を応用して「地上の問題を解決する新たなビジネスの創造」を目指します。
 宇宙に夢を持った皆さまの参加をお待ちしています!
 ※本イベントは、本学が参画する⽂部科学省EDGE-NEXT事業の⼀環として開催します。

開催概要

テーマ:宇宙探査技術で地上を救うビジネスアイデア!
日時:2021年10月23日(土) 及び 11月6日(土)
    ※上記の2日間以外も、期間中はチームごとに計画を立てて作業を進行します
    ※詳細スケジュールは後述
形式:オンライン開催(Zoom)
    ※参加URL等の詳細は追ってご案内します。
対象:大学生・大学院生(理科大生以外も大歓迎です)
参加費:無料
申込締切:10月8日(金)AM9:00まで
定員:32名程度(予定)
賞品:最優秀賞チーム Amazonギフト券20万円分 
   優秀賞チーム  Amazonギフト券10万円分
主催:東京理科大学・東京起業推進センター(TEIC)
    ※企画・運営を東京理科大学の学生発ベンチャー「(株)宇宙の学び舎seed」に委託して実施しています

詳細スケジュール

【 1日目 】 10月23日(土) 10:00~18:00
 特別講演(向井千秋特任副学長、木村真一教授)、チーム分け発表・各班メンター紹介
 遠隔探査ロボットのハンズオン、ディスカッション等

 [ 中間期間 ] 
 ・遠隔探査ロボットを各チームに1台ずつ渡し、ハードウェア・ソフトウェアのカスタマイズ
 ・プレゼンテーションや遠隔探査デモンストレーションの準備
 ・遠隔探査リハーサル(10月30日または31日でチーム別に日程調整)

【 2日目 】 11月6日(土) 10:00~18:00
 プレゼンテーション発表、遠隔探査デモンストレーション、審査・表彰・講評等 

注意事項

【申込について】
申込はチーム単位ではなく、個人で行ってください。
応募者多数の場合は申込情報をもとに選考します。選考結果は別途事務局からご連絡します。

【チーム活動等について】
チームの編成は運営側で行い、10月23日(土)に参加者へ案内します。
各チームに、活動をサポートするメンターが付きます。
遠隔探査ロボットのカスタマイズにかかった費用は大学が負担しますが、ハッカソン中は各チームで
  立て替えていただき、終了後に精算を行います。また、交通費や飲食費には使用できません。
  (1チームあたり上限5万円予定。大学の指示に従って購入し、精算用の書類を提出する必要があります。)
本ハッカソンで制作した作品に関する知的財産権は、作品を制作したチームに帰属します。

【その他】
参加者や作品の動画・写真を撮影させていただき、広報等に使用する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

申込方法

申込フォームから手続きをお願いします。

.
↓チラシ(PDF)は、以下画像をクリックしてご参照ください!